軽バン

軽バンの定義とは、軽四輪自動車で、ワンボックスやミニバンの形状をしており、4ナンバーの規格の車体で有る事です。軽バンの車の特徴としては、古くからあるデザインのキャブオーバー型(フロントタイヤの上に運転席が位置するもの)と乗用車型(運転席がフロントタイヤの後ろに位置するもの)があり、エンジンは共にフロントタイヤのすぐ後ろまたは、リアタイヤ後ろにあり、荷物スペースがワゴンタイプよりも広いです。選ぶポイントとしては、使用する用途によって異なります。軽バンを選ぶという事はほぼ仕事で使用する、または荷物をたくさん積む事が理由のはずです。ですから、リアシートのたたみ方がベンチシートですと、三名乗車は無理です。その時はリアがセパレートシートの方が値段は高くなりますが、シートアレンジは多いです。また、キャブオーバーかそうでないかの選択ですが、荷物優先なら迷わずキャブオーバーの方が広いです。乗用車型は運転席が後ろになった分、荷室が狭くなり、また運転する時に右足の前にフロントタイヤカバーが張り出しているので、アクセルが普通の車のブレーキの位置までずれていますので、若干慣れが必要です。